ドライフラワー 通販

通販で購入できる人気インテリアアイテム「ドライフラワー」!!

ドライフラワーは、私達の暮らしを彩ってくれるオシャレなインテリアのアイテムとして人気があり、今では通販でも購入する事ができます。ここでは、そんなドライフラワーの魅力についてお届けします。

ドライフラワーについて

ドライフラワーとは?

ドライフラワーとは、その名前の通り、乾燥させた花の事を意味します。花を乾燥させると生命力を感じる生花とは異なり、優しい雰囲気を感じる印象になるのが特徴です。花を乾燥させる方法については、自然乾燥したり、乾燥剤を使用した脱水乾燥、冷凍乾燥、高温処理で乾燥させたり、乾燥方法は様々なやり方があります。また、通信販売でもオシャレで可愛いドライフラワーを購入する事もできます。

ドライフラワーの寿命とは?

ドライフラワーの寿命に関しては、ドライフラワーを保管している環境によっても異なってくるのですが、大体基本的には6ヶ月~1年程度となっています。しかし、保管している場所や飾っている環境が良くないと、飾ってから2ヶ月~3ヶ月程度で花に寿命がきてしまう場合もあります。逆に、保管環境が良い場合には1年以上持つ事もあります。


ドライフラワー 通販ドライフラワーを楽天通販で見てみる

ドライフラワーの寿命の見極め方とは?

カビや虫が発生する
花が乾燥していても、ドライフラワーにカビが発生する場合もあります。ある日ドライフラワーに白っぽくなっている所を発見して、フワフワのカビが発生している事があります。特に、雨の日が続く時期になると湿度が高くなって、それまで綺麗な姿をしていたドライフラワーに虫やカビが発生してきます。
ドライフラワーが変色してくる
ドライフラワーも経年変化で、本来の花の色が少しずつ色褪せて変化していきます。花の退色が進んで、見るからに枯れた状態になっている場合です。また、葉が退色してくるとグレー色が変わっていきます。花の種類によっては、色のくすみや茶色く変化する場合もあります。

ドライフラワーを長く楽しむコツとは?

高温多湿を避ける事
ドライフラワーと言うのは、湿気に弱くなっています。湿度が高い場所で花を管理していると、カビや虫が発生する原因に繋がります。なので、なるべく湿度の高い場所で管理する事は避けるのがポイントです。
しっかり花を乾燥させる事
ドライフラワーを自作する際には、しっかりと花を乾燥させる事が大切です。乾燥が不十分で水分が残っているとカビの発生原因になります。
花に付いた埃を取り除く事

ドライフラワーもずっと部屋に飾って置けば、気が付くと埃も花に溜まってきます。埃もそのまま放置していると、カビの発生の原因に繋がるので、こまめに埃を取り除く事も大切です。埃除けにガラス瓶にドライフラワーを飾るのも、ディスプレイとしても素敵でお勧めです。

ドライフラワー
直射日光や光に注意する事
日光や強い光と言うのは、ドライフラワーの退色の原因になります。蛍光灯の光であっても、花の色は次第に劣化していきます。なので、なるべく強い光の当たらない場所に飾った方が、綺麗な花の色を保つ事ができます。

ドライフラワーの作り方について

花を自然乾燥させると言っても、ただ花瓶に入れたままの状態で放置してもドライフラワーに仕上がらない事もあります。基本的にドライフラワーの作り方は簡単なのですが、失敗せずにドライフラワーを作るには、少しコツが必要になります。

ドライフラワー作り方のコツとは?

ドライフラワーにしやすい花選び

ドライフラワーにする花には、ドライフラワーにしやすい花を選ぶ事がポイントです。簡単に言うと、元々水分が少ない花を選ぶと言う事です。また、乾燥させて花の香りを楽しみたい人は、香りが強い花選びがコツ。例えば、ドライフラワーにお勧めの花には、バラ、ラベンダー、ミモザ、スターチス、千日紅(せんにちこう)、カスミソウ、ユーカリ等があります。ドライフラワーにすると、その花の持ち味である美しい色合いを楽しむ事ができます。他にも、香りが強い花の王道として、ラベンダーはポプリにも活用する事ができます。一方、チューリップ、スイセン、パンジー、キク等、水分を多く含んで花びらが薄い花と言うのは、花の形状が崩れやすいのでドライフラワーには適していません。

ドライフラワー
花を一本ずつ逆さまにして吊るす

簡単にドライフラワーにする方法には、ハンギング法と言うものがあります。ハンギング法とは、生花を逆さまにして吊るして乾燥させる方法です。吊るす際のコツとしては、花を数本ずつ、或いは一本ずつ吊るして乾燥させる事です。乾燥させる期間中は、直射日光を避けて風通しの良い所で吊るします。美しいドライフラワーに仕上げるには、まだ花が完全に開ききっていない事、晴れた天気が続く時期に作る事です。

ドライフラワー
日陰で一週間~二週間、花を乾燥させる
ドライフラワーをハンギング法でつくる場合、基本的に一週間~二週間程度の乾燥期間が必要になります。また、花のサイズが大きい物だと三週間程度の乾燥期間が必要な場合もあります。なので、花の乾燥状態を見ながら乾燥させていくのがポイントです。上手く花を乾燥させていくには、無駄な葉を取り除いて、風通しを良い環境で乾燥する事です。花は日光に当てればもちろん早く乾燥はしていきますが、退色した色合いのドライフラワーに仕上がってしまうので、太陽光を避ける事も重要です。

暮らしにドライフラワーを取り入れる方法について

ドライフラワーは手間が掛からず、日頃忙しくしている人、一人暮らしの人等にもピッタリのインテリアアイテムです。部屋の壁に飾るだけでも、部屋の雰囲気をグッとオシャレな空間に演出してくれます。ここでは、上手なドライフラワーの取り入れ方をご紹介します。

上手なドライフラワーの取り入れ方とは?

リースならそのまま飾るだけでOK
リース型ドライフラワー

リースと言うのは、丸い形に加工されたドライフラワーのブーケです。元からリース状態になっているので、部屋のフックに引っ掛けてお手軽に飾る事ができます。また、リースのドライフラワーは自作する事もできるので、自作したドライフラワーや購入したドライフラワーで、じぶんでリースを作って飾れる楽しさがあります。
ドライフラワーのリースの作り方は簡単で、針金や木で輪っか状の土台を作って、その土台に自分でボンドや結束バンド等で、ドライフラワーを取り付けるだけで可愛いアイテムが仕上がります。ドライフルーツやリボン等をリースのアクセントに取り入れる等、自分のオリジナル性も出す事ができます。

お手軽で簡単なスワッグ装飾
ドライフラワー

スワッグと言うのは壁飾りの事です。インテリアとしてそのまま花瓶入れて飾るだけでもドライフラワーは絵になりますが、ドライフラワーを逆さまに吊して飾ると一層小洒落た雰囲気を演出する事ができます。美しいドライフラワーのスワッグにするには、逆さまにしたドライフラワーの状態を考えて、ドライフラワーブーケを作る事がポイントです。ドライフラワーは、乾燥している為生花と違い折れやすいので、慎重に力を加えずに束ねるのがポイントです。ガーランドのように飾るのもスワッグに人気です。

フレームに入れて飾る
ドライフラワーはそのまま飾るのも有りですが、フレームに入れて絵画のようなインテリアにして楽しむ事もできます。特に、アンティークフレームはドライフラワーと相性が良くピッタリ合います。また、外気を遮断できるので花に埃が溜まらず、長く良い状態を保つ事もできます。
シンプルに瓶に入れて
シンプルに瓶に入れて飾るのも定番でお勧めです。花瓶に入れてそのまま飾る場合だと、埃が花に積もる事がありますが、密封できる透明の瓶やボトルであれば手入れの心配も無く、気軽に飾って楽しむ事ができます。他にも、ドライフラワーを複数のドリンクボトルに入れて、それらを並べて個性的なインテリア装飾を楽しむ事もできます。
専用オイルで作る自作ハーバリウム
ハーバリウム

ハーバリウムと言うのは、植物標本の事を意味しています。ボトルの中にドライフラワーを入れて、オイルに浸ける事で、花の長期間が可能な保存方法になります。ハーバリウムには、ドライフラワーと瓶とオイル、この3点さえあれば作る事ができます。ハーバリウムのオイルには、基本的には専用の流動パラフィンを使用しますが、ベビーオイルでも代用する事が可能です。瓶にドライフラワーを入れてオイルを入れれば完成と言う、実に制作過程は簡単となっています。もちろん、ドライフラワーだけでも可愛いですが、グラスサンドやビー玉等を入れてアレンジする事で、更にオシャレ感のあるインテリア仕上げるのもお勧めです。


ドライフラワー 通販ドライフラワー専門店シオン【楽天市場店】を見てみる